HOME > 在校生・卒業生の声

在校生からのメッセージ

患者さんの心に寄り添う治療家を目指して

鍼灸学科2年の内田薫一です。

私は小学生の頃に自転車の転倒で骨折し、整形外科で「整復」をしてもらいました。すると、先ほどまで感じていた痛みが嘘のようになくなりました。その時心身ともに苦しんでいた私を一瞬のうちに楽にしてくださった先生の姿を今でもはっきりと覚えています。その後「柔道整復師」という資格があることを知り、この道を目指して勉強し、昨年国家試験に合格しました。

そしてさらに、仕事の幅を広げたいと思い、鍼灸学科に進みました。柔道整復学科と鍼灸学科の2つの学科で学ぶことにしたのは、私が目指している「身体だけでなく患者さんの心に寄り添う治療家」という夢に奥行きや深みが加わるだろうと思ったからです。

入学当初は専門的な言葉で進む授業に不安でいっぱいになりました。頑張っていても結果が出ずに自信をなくしていましたが、この学校の「伴走」という学習方法が自分にピッタリでした。先生方との距離が近いため質問しやすく、勉強を続けることができました。

私から皆さんに伝えたいのは「この学校を選んでよかった!」ということです。勉強は厳しく辛いことが山のようにありますが、先生方の真剣で熱い指導、一緒に励まし合う仲間や先輩方がいたからこそ乗り越えられたし、この先も乗り越えらえるのだと思います。次は鍼灸の国家試験を目指してがんばります!

内田薫一

無限の可能性を求めて

鍼灸学科2年生の山本里佳です。

私はプロテニスプレーヤーを目指して小さいころからテニスに没頭し、短い間ですが、海外に留学していた時期があります。海外でも大きな施設では鍼灸の技術が使われていました。それを間近で見て、実際に体感して、鍼灸の幅広い活用方法と日本の技術の高さに驚きました。

鍼灸には色々なケガ、婦人科疾患、精神病まで様々な症状に効果があると言われています。そんな無限の可能性を秘めた鍼灸というものに惹かれ、人々をサポートする側に回りたいと思い、この世界に飛び込みました。
医療系の知識はゼロという所からのスタートで、右も左もわからず不安でしたが気がつけば2年目。1年目は大変だったけど、あっという間だったと言われればあっという間だった…?それも、一緒に努力している仲間がいて、厳しいけど丁寧に親身になって教えてくれる先生方のおかげで一歩ずつ前に進めていると思います。

わからないものをわからないというのが難しい時ってありますよね。でも、この学校の先生方は丁寧に教えてくれます。それに、わからないものがわかるようになった時、自分の知識と世界が広がっていくのが感じられると思います。それはきっと夢につながる一歩になっていると信じて、自分を信じて、辛くてもその分面白い道を進んでみてください。この学校の先生方はその為の手助けをしてくれます。何事も願うだけではかなわないと思います。夢や目標に向けて頑張りましょう。




選手から先生へ

柔道整復学科2年生 宇田川 龍斗です。

小学生の頃は水泳を3年間、中高では6年間野球部に所属していました。

野球をやっていると激しいトレーニングなどで、肩や肘などを痛めることが多く、接骨院に行くことが何度もありました。そこで、体のケアや治療をしてもらい、いつからか自分も柔道整復師になり、ケガを治したり、ベストなパフォーマンスに導ける人になりたいと思う様になりました。

た、この資格は、様々な形でも活躍できるとも聞いています。自分合った場所で全力で活躍し、将来的には独立して頑張りたいと思っています。

 初めての医療系の勉強で、内容を理解したり暗記するのが大変ですが、神奈川柔整は先生方の教え方が分かりやすく、分からない事はすぐ聞け環境にあります。先輩方との交流も多いので、話す機会があるのも魅力です。

医療系の資格はたくさん勉強する事がありますが、あきらめない限り絶対に夢は叶と信じて、とにかく一つ一つ乗り越えることが大事だと思います。

一緒に、柔道整復師をめざしましょう!

 

悔しさを力に!

柔道整復学科3年生の今井 晴子です。

私は高校生の頃に陸上部のマネージャーをやっていました。

陸上部は長距離、短距離など色々な種目があり、各種選手のケガに直面してきました。しかし、マネージャーは私ひとり。

選手がケガをした時に、最低限の知識しかない私は、選手の期待にうまくこたえる事が出来ず、悔しい思いをしていました。

そんな中で、大きな大会の現場でテキパキと対応してい専属トレーナーの姿に魅了され、この世界に興味をもつきっかけとなりました。

入学時は、はじめて医療に携わる勉強をして、幅の広さに混乱をしました。

しかし、理解が出来ると自分の身体に関する学問はどんどんとはまっていきます。

入学して2年たった今もまだ手探り状態ですが、この勉強内容が好きなんだと思います。

目標を持てば、きっと何かの発見につながると思います。

一緒に楽しくがんばっていきましょう。

私ももう3年生、国家試験頑張ります。


卒業生からのメッセージ

目指すはダンスと柔整の融合

柔道整復学科13期卒業生の加藤玲大です


僕の母がダンススクールを経営していることもあって中学3年からダンスをしています。今はブレイクダンスを中心に活動しています。また、母校の神奈川県立上鶴間高校のダンス部を指導しています。

ブレイクダンスは怪我が多く、どうすれば早く治るのかと考えるようになったのが柔道整復師を目指すきっかけでした。

 神奈川柔整は、勉強が苦手な僕でも国家試験合格まで導いてくれると思い入学しました。

初めて習う医療系の勉強で難しいこともありましたが、先生方の丁寧な説明や個別指導などで確実にステップアップしていきました。やはり、神奈川柔整には国家試験合格のノウハウが詰まっていると実感しました。

さらに筋骨格などを勉強することが、ダンスのパフォーマンスアップにつながっています。

ただ、勉強すればするほどブレイクダンスは身体に悪いと思うようになりました。(笑)


将来は開業できる柔道整復師の資格を生かして、ダンススクールと接骨院を併設させ、怪我を治せるダンサーとして頑張りたいです。医療やダンスなど、様々なことにチャレンジしていきたいです。


夢を諦めさせない!

柔道整復科4期卒業生の須一有由希です。

私が柔道整復師を目指したのは自身の怪我がきっかけでした。

私は野球をしており、小学~中学時代は投手として試合に出場しておりましたが、中学最後の大会前に利き腕である右肩を負傷。

その怪我が完治せず最後の大会で投手として出場することができずに悔しい思いをしました。

その後、高校野球を目指すために色々な病院を受診したのですが、どこの先生も『異常なし』の診断でした。

肩は一向に治らず、日常生活にも支障をきたす状況が続き、半ば高校野球の夢を諦めかけていた時に、知り合いの方の紹介で初めて接骨院を受診しました。

施術を受けていくうちに、右肩の症状がみるみる改善し、『また野球が出来るんだ!』と、とても感動した事を今でも鮮明に覚えております。

その時お世話になった接骨院で『柔道整復師』という職業を初めて知り、そこから柔道整復師を目指し始め、高校卒業後は迷う事なく神奈川柔整の門を叩きました。

神奈川柔整卒業後は接骨院に勤務しながら、母校の野球部でトレーナー活動をしております。

学生スポーツは2年半と、とても短い期間で終わってしまいます。

その貴重な期間を怪我で棒に振る事がない様に、怪我で諦めない様に、怪我をしない様に。

経験者として、柔整師として出来る限りのことをしたい。

その一心で現在までトレーナー活動を続けてきました。

スポーツ現場はとても流動的で、その場その場で瞬時の判断、適切な処置や施術が必要になります。

もちろん、それは院内でも同じ事で、一人一人同じ症状はなく、全ての患者様の症状に適切な施術をする事が必要になります。

院内でも院外でも、常に向上心を持って勉強をする事が大切なのだと今、改めて感じております。


在学中の生徒さん

これから現場に向かうにあたり、基礎が大切であるという事をもう一度、再認識してください。


そしてこれから神奈川柔整への進学を考えている方

神奈川柔整は一から基礎を学ぶことができる所です。

ここでの学びは、施術者としての土台作りです。

皆さん、1日1日の勉強を大切にしてください。

揺るがない信念を持ち続ければどんなに辛い勉強でも必ず乗り越えられます。

一緒に国家試験を目指すクラスメイトや学校の先生、助手の先生方と共に未来の患者様の為に日々頑張ってください!

いつも私の根底にあるのは、『夢を諦めさせない』です。

自分が夢を諦めそうになった時、道筋を示してくれた接骨院の先生の様になりたい。

その思いを常に持ち続け、現在も院内・院外で施術をさせて頂いております。

まだまだ未熟で、しっかりとした施術が出来ているかはわかりませんが、この信念を貫き通して、夢を追いかける子供達やスポーツ選手、全ての患者様の為になれる様、私自身も今以上に勉強に励み日々精進してまいります。

いつか皆さんと同じ現場に立てる日を心待ちにしながら、柔整の現場でお待ちしております。




なぜか惹かれるふしぎな鍼灸学

鍼灸学科6期卒業生の加藤景大です。


 私が鍼灸の道を志したのは、限りなく全ての人の痛みを消し去りたいと思ったからです。

 私は吐きすぎて奥歯が溶けるほどのきつい頭痛を持っていました。病院で薬を処方されて用法用量守って飲んできましたが、その治療は全然自分には合いませんでした。
そして、出会ったのは鍼灸という治療でした。

 痛い時も痛くない時も鍼灸の治療を受け続けました。そしたら一週間に一度ある痛みが三か月に一度、半年に一度、今では一度もでない状態まで改善しました。

痛みがないってことはとっても素晴らしいことです。

 

 痛くない状態をつくりだすには天文学的な位、膨大な知識が必要になってきます。その基礎的な知識、応用的な知識は神奈川柔整鍼灸専門学校で学ぶことで得ることができます。ここで学べば確実に国家試験に合格できます。

 私は好奇心旺盛なので先生方には困らせることは承知の上で変わった質問をしまくりました。それでも嫌な顔をしないで答えてくれます。(ちょっと嫌な顔した時もありましたが…。)

 それでも学校へ行って勉強するだけではなく、変な質問をしてみてよかったです。さらにとても使える知識を得ることができます。

 在校生の皆さんや、これから鍼灸の勉強しようと考えている学生さんも、変わった質問をしてみてはいかがでしょうか。

きっと面白い回答があるかもしれません(笑)



奇跡的な出会いに感謝!

鍼灸学科6期卒業生の加藤明子です。

 

 当校を選んだ理由は、学校見学の際に案内をして頂いた、後に恩師となる先生に心を動かされたからです。

 医療系の専門教科は全て初学で、特に理系科目などは”??”の連続でした。わからないことは先生に何度でも教えて頂き、仲間の力も借りながら夢中で勉強しているうちに、気がついてみたら国家試験の日を迎えていました。

 運命共同体として苦楽を共にしてきた級友たち・かつては机を並べた仲間・学年クラスを越えて親しくなった皆さん達に、凹んだ時には助けられ、仕事や子育てをしながら頑張る姿に励まされてきました。

 試験のためだけでなく臨床に生かせるよう、先生方の経験・知識・技術も散りばめられた授業に思わず釘づけ!になることもしばしばでした。国家試験に関しては、3年間徹底的に鍛えて頂いた事が鉄壁の鎧となって、無事合格できたのだと確信しています。

 

 卒業後は、夏より自宅治療院を開業しました。学んできたことは即、必要・不可欠なことばかりと実感しています。未熟ですが、思いがけず良いご報告など頂けた時は無上の喜びです。今の最善を尽くして、恩返しをしていかれたらと思っています。

 

 現在も勉強に奮闘中の在校生や後に続く皆さんが、自分と先生方を信じて、仲間と最後まで頑張れるよう陰ながら応援しています。

 3年間の気・血・津液が染み込んだ授業プリントや資料は、卒業後も宝となること請け合いです。

 

 入学当初から陰日向となり、時には厳しく、全力で、でもそんな素振りは見せずに今も支えてくださっている先生方、笑顔で迅速な対応を頂いている学校職員の方々、離れていても“同志”の皆さん、

いつも本当に、ありがとうございます!!

 神奈川柔整鍼灸専門学校は、かけがえのない人たちと出会い素晴らしい時間を過ごした大切な母校となりました。

鍼灸師を目指して”本気”な方に、”おすすめ”です。



施術風景

感謝でいっぱいです

柔道整復科2期生卒業の小原弘子です。


私は30歳で神奈川柔整鍼灸専門学校に入学しました。


学校に入ってからは、今までで一番勉強したと思います。それまで学生時代も含め勉強をがんばった事がありませんでした。


勉強の仕方のわからない私が諦めず最後までがんばれたのは、授業後には「伴走」という勉強会までしていただき、解るまで根気強く教えてくれた先生方のお陰だと思います。


またそこで知り合ったクラスメイトは、年齢も出身も違いますが、一緒に勉強したり資料を共有したり、共に苦労し、今でも色々相談できる一生の友人になっています。


「私には絶対無理」と思っていた国家試験に合格する事ができたのは、自分自身の力だけではなく、先生方や仲間がいてくれたからです。


現在は海老名市のかえで整骨院で勤務していますが、神奈川柔整で教わった基礎知識や技術は患者様と接する様々な場所で役に立っています。


患者様から「楽になったよ」の一言を聞くたび、この仕事を目指してがんばってよかったと思います。


入学を考えるにあたって、勉強面や生活面、将来の事なら不安や心配はたくさんあると思います。私が言える事は、生徒の目標を自分の事のように考えてサポートしてくれる体制と指導者が神奈川柔整にはあります。


私の人生の指針を示してくれた神奈川柔整にとても感謝しています。


ありがとうございました。


男ならいつか自分の城を!


柔整科2期生卒業の市橋伸也です。

私は、20代前半まで整体師として働いていました。しかし、年齢を重ねていくうちに本気でこの業界で働きたい、自分の城を持つならばやはり国家資格がほしい!!

そう思ったのが入学のきっかけでした。

学生時代は、整体師を続けながら学業に励んでいましたので、もちろん大変でなかったかというと、嘘になります。しかし、楽しいクラスの仲間と過ごした3年間はあっという間でした。

資格取得後は、新しく立ち上げた整骨院で2年間修行をさせて頂きましたが、その中で院長も経験させて頂き、もちろん嬉しい事も苦労した事もたくさんありました。

その時には、学生時代の戦友や、授業中に学校の先生が話していた何気ない経験談がとても役に立ったのを覚えています。

現在は、小田急相模原にリプラス整骨院という自分の城を構え9年目になります。

紆余曲折ありましたが、今では嬉しい事に地元の方の口コミで遠方からも患者様が来院して下さる様になりました。

そしてまた、母校である神奈川柔整の学生さんも10人以上が当院で研修しながら、学業と仕事を両立して国家試験に合格し、頑張って勤務してくれています。

だからこそ、自信を持って薦められます。卒業しても、強い絆で結ばれている専門学校に入学することが出来て良かったと思います。

これからも、たくさんの患者様が喜んで下さる顔がみたい。まだまだ、自分自身努力が必要です。

悩み楽しみながら、今日も小田急相模原の地で頑張っています。